<< あなたはコーヒー派?紅茶派? | main | なんでこうも温度差があるのか?「オンラインブックマーク編」 >>

スポンサーサイト

- 2014.06.21 Saturday スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コードギアス最終回感想

感想文 2008.10.03 Friday n

コードギアス反逆のルルーシュR2、終わりましたね。
ある意味ハッピーエンドだったのかなと思っています。
以下ネタバレの為記事をたたみます。
放映に遅れる事4日。見ました、コードギアス反逆のルルーシュ。
涙しながら見、感想サイトを漁り、ニコニコ動画を見てまた涙。
複雑な心境ですが、これもひとつのハッピーエンドだったのかなと思っています。
本当に息もつかせぬジェットコースターアニメでした。次々に入れ替わる敵と味方、しかし変わらぬ信念、でも変化した心。
「ゼロレクイエム」はルルーシュの贖罪だったのでしょうか、それとも……。
どこかの感想でルルーシュ=現代のキリストというの読んでなるほどと感じました。スザクに刺され、落ちていく彼はまるで十字架にかけられたキリストのようだった。
世界の罪を背負い、死に行くルルーシュ。嘘で塗り固められた世界に、あった本当。
彼の両親は「自分の為に」生きたけど、ルルーシュは違った。でもそれは自己犠牲の精神とはすこし違う気がする。
全てが印象的です。
生存説(御者=ルルーシュ)を信じたい気がするけど、どうなのかな。

またスザクとカレンの最後の戦闘も良かったです。
ジノ曰く「カレンの勝利」だそうですが、私には引き分けに見えました。
「その組織に、システムに入れない人はどうするの?!『それは違う』ってどうやって言えばいいのよ?」
「組織に入るしかない人はどうなる?!正義とは・・・」
この組織論にはどきりとさせられました。
正義とは……、組織とは。
私は彼らの信念はどちらが正しいということではなくどちらも正しかったのだと信じたい。

そして最後の対決場に用意された兄妹の邂逅。
ナナリーにギアスをかけたルルーシュの信念に泣けました。
ずっとナナリーの為だけに生きて、世界を自分の思うように変えようとしていた少年が選んだ最後の選択。
ギアスにかかっているナナリーに伝えた「愛してる」死に行くルルーシュにかけた「お兄様、愛しています!」伝わったようですれ違った愛情はでも、繋がったのだと信じています。


最高の終わりとは言えないかもしれない。
終わりよければ全てよしなんて口が裂けても言えない。
でも私はこの物語を愛していました。
だから最後にこの言葉を捧げます。

ありがとう。
  • Yahoo!ブックマーク
comments(0) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- 2014.06.21 Saturday スポンサードリンク

  • Yahoo!ブックマーク
- | -

コメント

コメントする










この記事のトラックバックURL

http://ukifunerenka.jugem.jp/trackback/300

トラックバック

コードギアス

コードギアスは、テレビアニメコードギアス 反逆のルルーシュを中心とする作品群。2007年現在、テレビアニメコードギアス 反逆のルルーシュの他に漫画3作品が連載中、ネットラジオが放送中、ドラマCD、小説がシリーズで発売中である。ゲームはニンテンドーDS版及び、PSP
楽10サーチ | 2008/10/05 9:54 AM

RECOMMEND
amazon
qrcode
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
SPONSORED LINKS
SPONSORED LINKS